第13回 食虫植物国際会議

13th International Conference 2020
Japan

日本食虫植物愛好会(Japanese Carnivorous Plant Society = JCPS)関西食虫植物愛好会(KCPS)、東海食虫植物愛好会(TCPS)及び広島食虫植物同好会(HCPS)の協力を頂きながら、国際食虫植物協会(ICPS)の2020年国際会議を開催いたします。

新型コロナウイルスの影響で、大小イベントの中止、延期、教育機関の閉鎖などがあり、感染者、死亡者が全国的に増加の一途の為、政府が非常事態宣言の準備をしている状況です。
事務局で検討を重ねた結果、参加される皆様の健康と安全を考慮して2021年5月への延期といたします。

振り込まれた参加費は返金(送金手数料は参加者負担)又は来年参加であれば繰越とし、ホテルや航空機のキャンセル料は大変申し訳ありませんが 参加者の負担とさせていただきます。

緊急事態故、ご理解いただければと思います。

2002年に東京で開催された国際会議の様子

国際会議のQ&A

国際会議における発表者

2020年5月22日(金)〜24日(日) 国際会議、植物展示及び即売
2020年5月25日(月) 姫路市立手柄山温室植物園、兵庫県立フラワーセンター訪問
2020年5月26日(火) 自生地見学(兵庫県下の自生地)
2020年5月27日(水) 自生地見学(雲竜渓谷のコウシンソウ)

1. 国際会議
5月22日(金)09:00〜17:00
5月23日(土)09:00〜17:00
5月24日(日)09:00〜17:00

姫路市にある「ビズ・スペース(BIZ SPACE)姫路」です。(姫路駅から徒歩7分) 6階大ホール

姫路へは東京(成田空港、羽田空港)から新幹線で約3時間、関西国際空港からJRで約1時間45分です。 ホテルは姫路駅周辺や会場周辺に多数あります。

世界遺産である姫路城まで徒歩で5分ほどです。また、有名な観光地である京都や大阪へはJRで約1時間で移動できます。 国際会議の前に1日か2日観光してもよいでしょう。

会議ではプロの通訳者による逐次通訳を導入します。英語の苦手な方でも気楽に参加でき、更には発表もしていただけます。

会場ではFree WiFiがご利用いただけます。

2. 展示即売会 5月22日(金)13:00〜17:00
5月23日(土)09:00〜17:00
5月24日(日)09:00〜17:00

5階中ホール
兵庫県立フラワーセンター、姫路市立手柄山温室植物園、日本国内の業者をはじめ、各愛好家団体が展示品や即売品を多数出品します。

なお、外国のお客様は、苗を購入されても、CITESや検疫証明の手続きは出来ませんので、ご了承ください。
3. 晩さん会
5月23日(土)
午後6時から14Fシエルの前室でバータイム
午後6時半からダイニングルームでディナー

会場近くのホテルモントレ姫路14階の宴会場「シエル」を予定しております。

日本料理と西欧料理の両方を程良く楽しめる料理と、ビール、日本酒、ワインの他ソフトドリンクが提供されます。

参加者の皆さんには食虫植物関連の情報交換と共に文化的交流も深めていただき、併せて日本の「おもてなし」も体験していただきたいと思います。
4. 植物園巡り

5月25日(月)

終日貸切バスで2つの植物園を巡ります。

姫路市立手柄山温室植物園見学
ここのバックヤードには、ネペンテスの古くからの交配種(古都シリーズ、N. wrigleyana, N. coccinea, N. henryana等)が維持栽培されてます。また常設展示にはグリーンタイプの巨大なN. truncataが鎮座しています。

兵庫県立フラワーセンター見学
ここは食虫植物専門の温室があり、Nepenthes, Drosera, Pinguicula, Roriduraなどが年中常設展示され一般公開されています。しかもすべての植物がベストな状態で維持されてます。 バックヤード(育成温室)にはN. clipeataの特大株があります。2018年の国際会議でプレゼンしたように、大型の雌株が20年以上維持されております。その他にSarracenia、Heliamphora等が見事に生育する姿は壮観です。また、この土地は元々湿地で、食虫植物が生えていた場所なので、 園内でD. lunata、D. tokaiensis等を見ることが出来ます。

5. 自生地ツアー@
兵庫県下の自生地
5月26日(火)

姫路からレンタカーで兵庫県内の自生地(あびき湿原 + 西脇市方面) を巡ります。自生地ではD. lunata, D. tokaiensis, D. rotundifoliaを見ることが出来ます。
なお、自生地の状況により自生地の場所は変更になる可能性があることをご了承ください。

コウシンソウ見学希望者は、新幹線で品川へ、品川から北千住に移動し、北千住のビジネスホテルに宿泊します。 (電車賃、宿泊代は各自負担)
6. 自生地ツアーA
コウシンソウ自生地
5月27日(水)

北千住から電車で東武日光駅まで行きます。大きな荷物は東武日光駅のコインロッカーに預けます。

駅から自生地入口まではタクシーで移動。そして緩やかな登坂を歩くこと2時間でコウシンソウの自生地です。 ただし、開花時期は5月下旬から6月上旬ですので、満開に出会えないリスクはご了承ください。

近隣には世界的観光地の日光東照宮がありますので、日光周辺に宿泊し、翌日に日光を観光するのもよいでしょう。

                                                                                                           
日程 内容 参加費用 含まれるもの 含まれないもの 宿
5/22-24 国際会議 \ 12,000 資料代 宿泊代
全ての食事代
姫路周辺
5/22-24 植物展示及び即売 無料
5/23 晩餐会 \ 8,000 コース料理
ドリンク
宿泊代 姫路周辺
5/25 植物園見学 \ 4,800 貸切バス代
入園料
昼食代
宿泊代、夕食代 姫路周辺
5/26 自生地ツアー@
兵庫県の湿地
\ 4,000 レンタカー代 宿泊代
電車賃
全ての食事代
北千住周辺
5/27 自生地ツアーA
コウシンソウ
\2,000 タクシー代 宿泊代、電車賃
全ての食事代

国際会議への参加について

参加登録フォーム

会議への参加希望者は、メール、はがき等で事務局までお知らせください。(締切:2020年3月31日)
参加費用¥12,000は下記口座宛てにお振込みください。(締切:2020年4月30日)

左記のリンクから参加登録フォームを開いて、ご記入のうえ、メールに添付してお送りください。

なお、展示会、即売会のみの参加の場合は、参加費用は不要です。

発表者の募集について 国際会議において発表を希望する方は、お名前、発表内容(タイトル、要約、キーワード一覧)を事務局までお知らせください。(締切:2020年3月末)
発表に使用するデータはパワーポイントにて作成してください。
発表時間は30分を上限とします。
逐次翻訳されますので、日本語で発表していただけます。
通訳者の事前準備のため、データをメール添付、データ便、DVDに焼いて事務局に郵送等の方法で提出してください。(締切:2020年4月20日)。
もしデータの修正が必要であれば、最終データをUSBメモリー等に入れて会議初日にお持ちください。
なお、発表者は国際会議への参加費¥12,000は免除されます。
ホテルの予約について 姫路及び北千住のホテルの予約は各自でお願いします。

なお、姫路周辺の推奨のホテルは以下のとおりです。
姫路駅周辺の推奨ホテル
晩餐会への参加 5月23日の晩餐会への参加希望者はメール、はがき等で事務局までお知らせください。(締切:2020年3月31日)
参加費用\8,000を下記口座宛てにお振込みください。(締切:2020年4月30日)
植物園巡りへの参加 5月25日の植物園巡りの参加希望者はメール、はがき等で事務局までお知らせください。(締切:2020年3月31日)
参加費用\4,800を下記口座宛てにお振込みください。(締切:2020年4月30日)
自生地見学@(兵庫県の湿地)への参加 5月26日の自生地見学会への参加希望者はメール、はがき等で事務局までお知らせください。(締切:2020年3月31日)
参加費用\4,000を下記口座宛てにお振込みください。(締切:2020年4月30日)
自生地見学A(コウシンソウ)への参加 5月27日の自生地見学会への参加希望者はメール、はがき等で事務局までお知らせください。(締切:2020年3月31日)
参加費用\2,000を下記口座宛てにお振込みください。(締切:2020年4月30日)

コウシンソウの自生地は非常に狭い場所になるので、参加希望者は早めにお申し込みください。 ある程度の人数に達したら締め切ります

振込先は以下の口座にお願いします。
三井住友銀行 新検見川支店 普通預金 1018120
食虫植物国際会議事務局 代表者 田辺直樹

Paypal YFA12853@nifty.com

第13回国際食虫植物会議事務局
事務局長 田辺直樹(日本食虫植物愛好会会長)
〒262-0022 千葉市花見川区南花園1-4-6
参加申込み・お問い合わせはメールにて jcps.tanabe@nifty.ne.jp